読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格闘ウサギの小屋

ポケモンSM構築or厳選日記or足跡

非汎用ウイのみサンダー【バンジ・マゴ】

クチートナイトの解禁が発表されたがミミロップはいつになることやら。

モチベーション維持も兼ねてサンダーの考察

 

f:id:erupokeLLL:20170131223335g:plain

サンダー@ウイのみ 静電気

性格 控えめ

188(180)-×-110(36)-167(52)-138(220)-123(20)

 

【コンセプト】

主にメガミミロップが辛い対マンダ軸(マンマンロトムとか)を想定したサンダー。

ルカリオまでのSがあればミミロップと同様の考察が可能。

バシャーモは守ると竜の舞の択を生むので考慮しない。

汎用性は低い。

【性格】

図太いHB特化しても意地スカガブの逆鱗が乱数2(55%)。

穏やかHD特化してもカプ・テテフのサイコキネシスを2発受けれない。

数値受け(後出し)が厳しいと判断し、相手になるべく負荷をかける控えめをチョイス。

図太いでなくてもタイプ受けは可能。

【特性】

静電気一択。触らせて試行回数を稼ぐ。

 

努力値振り】

H=4n(ガーディアンデアローラで木の実発動)かつ天候ダメージ最小

HB=A216メガボーマンダの捨て身タックル

  ダメージ: 80〜94
   割合: 42.5%〜50%
  回数: 乱数2発 (0.39%)

  A216メガボーマンダ+1捨て身タックル

   ダメージ: 119〜141
    割合: 63.2%〜75%
    回数: 確定2発    ←ステロ込最高乱数以外耐え。

 

マンムーにステロを撒かれた場合を想定。捨て身捨て身だとサンダーは倒れるが、2回静電気の抽選がある。サンダーは倒れても舞われていなければミミロップで勝てる。

マンダが意地であればルカリオでも勝てる。

 

 

 

 

 

HC=余り。無補正サンダーのc4振り実数値が146。このサンダーは167。相手にかける負荷が結構変わる。

HD=c147カプ・コケコのz10万ボルト

ダメージ: 157〜186
割合: 83.5%〜98.9%
回数: 確定2発     ←確実に木の実発動(回復量94)

   c147カプ・コケコの10万ボルト

ダメージ: 82〜97
割合: 43.6%〜51.5%
回数: 乱数2発 (9.4%)  ←Z10万からの10万を二回とも最高乱数引かない限り確定耐え。

c216霊獣ボルトロスの10万ボルト

ダメージ: 79〜94
割合: 42%〜50%
回数: 乱数2発 (0.39%) ←2連で最高乱数引かない限りウイのみ込みで3耐え

c222メガゲンガーのヘドロ爆弾

ダメージ: 82〜97
割合: 43.6%〜51.5%
回数: 乱数2発 (9.4%) ←毒引かない限り3耐え

同じくシャドーボール

ダメージ: 73〜87
割合: 38.8%〜46.2%
回数: 確定3発     ←一回目でDダウン引かなければ2回目でほぼ確実にウイのみ発動で3耐え

 

S=準速70族抜き、最速テッカグヤ抜かれ

【技】・ボルトチェンジ 便利な技。最速テッカグヤの下からボルトチェンジできる。

           採用しないのであればSを上げたほうが良い

   ・目覚めるパワー氷 マンダへの遂行技

 

   ・熱風     あると無いでは全然違う

 

   ・羽根休め   サンダーのアイデンティティ

 

   ほかの候補技 10万ボルト・放電 ←全然あり。ただメガゲンガーから逃げられなくなる。                                 

           どくどく     ←控えめで採用する価値はないと思う

 

【総括】ミミロップとのコンビを想定したため汎用性は微妙。オボンとの比較も一長一短。ただ、本来なら羽根休めするタイミングで攻撃できるので意表をついた行動ができるかもしれない。テテフを相手にするのは諦めましょう。

 

 

 

【ポケモンSM-S1終盤使用】テテフーディン+ガブガノン【最高R2132】

 

 

S1お疲れ様でした。レートが溶けたので公開します。

f:id:erupokeLLL:20170114201746p:plain

f:id:erupokeLLL:20170114182227p:plain

最高レートは2132。とりあえずテテフーディンで2100乗せれて良かった。

テテフーディンの考察が更に深まるとうれしいです。

また、前回の記事と合わせて読んでいただけると有りがたいです。

erupokelll.hatenablog.jp

 

【前回の反省点】

・基本選出がなかった。

フーディンとテテフのシナジーがなかった。

・ポリ2が弱すぎた。

・きついポケモンが多すぎた(特にミミッキュ)

 

これらの反省点を踏まえて3体を入れ替えた。

【pt】

f:id:erupokeLLL:20161226115847g:plain  f:id:erupokeLLL:20161225220440g:plain   f:id:erupokeLLL:20161225231326g:plain←基本選出

 

f:id:erupokeLLL:20170104182542g:plain  f:id:erupokeLLL:20170114121458g:plain   f:id:erupokeLLL:20170114182939g:plain←裏選出

これ以外の選出パターンは

テテフーディン+コケコorクワガノン

ガブ+コケコハッサム

が多かった。フーディンハッサムさえ同時に選出しなければ大体回る。

 

【単体考察】

f:id:erupokeLLL:20161226115847g:plain

フーディン@フーディナイト

臆病 マジックガード→トレース

159(228)-×-90(36)-209(108)-127(12)-204(124)

S:準速フェローチェ抜き

サイコキネシス

・気合い玉

・目覚めるパワー(炎)

・挑発

 

前回からの流用なので特に言うことなし。テテフーディンで生かすならCSも有りだが、スカガブの地震で確定で落ちるのは個人的に辛いので採用しなかった。

f:id:erupokeLLL:20161225220440g:plain

カプ・テテフ@気合いの襷

臆病 サイコフィールド

145-×-90-182(252)-136(4)-161(252)

サイコキネシス

ムーンフォース

・10万ボルト

・めざめるパワー(地面)

 

キングドラへの回答。ギャラや舞ったマンダも止められたりする。

襷を持たせることでマンムーやミミッキュのような先制技で縛ってくるポケモンへの対面性能も上がった。

また、襷発動後にコケコと交換することでサイコフィールドを貼り直し、フーディンのサポートができるのも魅力だった。

調整はただのぶっぱ。

 

f:id:erupokeLLL:20161225231326g:plain

ガブリアス@ドラゴンZ

意地っ張り 鮫肌

195(92)-199(244)-116(4)-×-125(156)-124(12)

・逆鱗(アルティメットドラゴンバーン)

地震

・炎の牙

・剣の舞

 

これも前回の流用。やはり強かった。テテフーディンが強烈に誘うベトベトンを起点にできる。

対受けループはこいつのおかげで9割は勝てた。

現環境で1舞竜Zを等倍で確定耐えするのはHB特化メガヤドランだけ(確か)

HBクレセが93.8%なのでS2以降も使えるかもしれない。

 

f:id:erupokeLLL:20170104182542g:plain

クワガノンゴツゴツメット

図太い 浮遊

184(252)-×-156(252)-165-96(4)-63

・10万ボルト

・目覚めるパワー(氷)

・どくどく

・はねやすめ

 

影のMVP。

地面の一貫を切る。急増したマンマン構築を一匹で見れないこともない。

サンダーとの違いはそこで、マンムーとやりあえる。珠マンムーの場合は負けてしまうが、その場合裏のテテフで襷が残ったまま突破できる可能性がある。

 

数値が明らかに足りないので受けきるのでなく、とにかくゴツメに触らせたりして裏の圏内に押し込むのが仕事。こいつ一匹でひっくり返した試合も多かったので強かったと思う。

 

f:id:erupokeLLL:20170114121458g:plain

カプ・コケコ@こだわりスカーフ

控えめ  エレキメイカー

145-121-105-160(244)-106(84)-173(180)

・10万ボルト

ボルトチェンジ

・とんぼがえり

マジカルシャイン

HD=C147カプ・コケコのマジカルシャイン 回数: 乱数2発 (9.8%)

DLでAが上がる。

S=1舞意地メガマンダ抜き

 

最序盤で使っていたスカーフコケコを流用した。技構成はテンプレ。

 

役割はテテフーディンが誘うテッカグヤやメガギャラドスを上から叩く。破ったパルを潰す。

もう一つの重要な役割はフィールドを塗り替えることでサイコフィールドを再展開できるようにすること

控えめスカーフは弱いと言われていたが、デメリットの部分を解消してあげれば火力が出る分強い。

控えめのメリット

・H4メガギャラドスへのエレキ10万ボルトが乱数1発 (25%)→乱数1発 (68.8%)になる。

・H252テッカグヤへのエレキ10万ボルトが乱数1発 (56.3%)→確定1になる。

控えめのデメリット

・雨下のキングドラを抜けない→襷テテフ、フーディンのすいすいトレースの2パターン処理ルートを作った。

・スカーフコケコミラーに弱い。→Dに84振ることでマジカルシャイン2耐えできるようにした。(ピッタリDL対策になる)

・1舞最速マンダを抜けない→陽気マンダと当たらなかった。

 

等々控えめのメリットを生かすことができたと思う。

こいつは一貫性さえ作ってしまえば強すぎるポケモン。圧倒的MVP。

 

f:id:erupokeLLL:20170114182939g:plain

ハッサムハッサムナイト

意地っ張り テクニシャン

175(236)-205(132)-161(4)-×-137(132)-96(4)

バレットパンチ

・とんぼ返り

・剣の舞

・羽根休め

 

HD=C147コケコのエレキZ10万が(43.8%)

 

裏のメガでありミミッキュへの圧力。

pt唯一の先制技持ちで、襷パルにも圧力をかける。

とんぼ返りが泥棒だったけど、あまりにも弱すぎたのでとんぼ返りにした。

メガハッサムの技構成はこれ以外あり得ないと思った。(個人的な感想)

テンプレにして最強。

テンプレなので言うことないけど多分DはコケコのエレキZ確定耐えまで振らないとダメだと思う。めんどくさかったのでそのまま。

 

 

 

総括】コケコを入れたことでフィールドのターン管理がしやすくなりテテフーディンの強さを出すことができた。先制技が効かないフーディンは非常に強力で、S2以降もやれるかもしれない。

S1は強力な炎タイプがおらず、選出画面においてテッカグヤやギルガルドへの圧力が足りなかった。S2以降はリザードンなんかを裏に置くと面白いかもしれない。

ミミロップナイトがなかったらまたテテフーディン使うかも・・。おわり

 

 

 

 

【ポケモンSM】S1で強かった新ポケモンとS2の予想【シングルレート】

 

 

書くことがないので暇つぶしにS1で強かったと思うポケモンの考察とS2予想

f:id:erupokeLLL:20170114121458g:plain

カプ・コケコ    

 

主な型 ・CS電気Z ・CSこだわりスカーフ ・両壁

 

【考察】エレキフィールドの超火力、蜻蛉帰りによるサイクル性能によりどうしようもなく強かった。何やらせても強い。まさに厨ポケ。強すぎて特に語ることがない。

【S2以降】ドリュウズナットレイ、霊獣ボルトロスなど辛いポケモンは出てくるが、性能がチートなのでそこまで数を減らすことはないと思われる。

 

 

f:id:erupokeLLL:20161225220440g:plain

カプ・テテフ

主な型 ・CSこだわりスカーフ ・HCこだわりメガネ ・HC突撃チョッキ ・超ZorカプZ

 

【考察】サイコフィールドによるエスパー超火力、先制技無効、悪で止まらない超妖、後出しを許さないZ技。ただのぶっ壊れポケモン

先制技無効が強すぎて対面性能が半端じゃなく高い。使わない理由がないくらい強い。

【S2以降】こいつも消えることはないと思われる。選出誘導力も異常。強すぎる。

 

f:id:erupokeLLL:20170114123447g:plain

ミミッキュ

主な型  ・AS霊Zor妖Z ・AS命の珠 ・気合いの襷

 

【考察】チート特性により環境で暴れまわっていた。最低一回の行動保証、かげうちによる対面性能、剣舞による全抜き性能、トリックルーム要員、鬼火・・

何をやっても強かった。メガギャラがうじゃうじゃいたのは多分こいつのせい。

【S2以降】カバルドンナットレイなどの強力な物理受けと対峙したときにどうなるか。しかし余り数を減らすとも思えない。メガヘラ意識で妖Z、鬼火が増えたりするかもしれない。

 

f:id:erupokeLLL:20170114124857g:plain

テッカグヤ

主な型 ・残飯やど守 ・HC突撃チョッキ ・HBゴツゴツメット

 

【考察】こいつに親を殺された人は多いと思う。鋼タイプのくせに何故か宿り木を覚えてとにかくめんどくさい。S1はまともな炎タイプがいないのも拍車をかけた。

努力値振りも多彩でビーストブーストで何が上がるかわからない為立ち回り次第では突破できなくなる。

攻撃技もキモいくらいに豊富。

ただ、Bに振らないと意外と脆く、鉄壁がなければマンダの捨て身でゴリ押しできるくらい。高速回復技がないのも痛い。

 

【S2以降】ボルトロスリザードンバシャーモが戻ってくるので意外と辛い。また、エアスラがないとめざ炎持ちのフシギバナにダメージレースで勝てない恐れもある。

また、同タイプのエアームドに鉄壁が戻ってくるのもテッカグヤの型に影響を与えるかもしれない。

結構数減らしそう。

 

f:id:erupokeLLL:20170114130819g:plain

ガラガラ

主な型 ・太い骨持ちアタッカー

 

【考察】電気無効、妖半減と厨ポケカプ・コケコに圧倒的に強いポケモン。太い骨を持つことで超火力を出す。ポリ2と組んでることが多く、トリルから制圧してくる。

 

【S2以降】バシャーモの技次第ではバシャサンダーナットを1匹で見れる可能性を秘めている。

ただし火力が骨依存なのではたきおとすには注意しないといけない。

 

その他】小並

f:id:erupokeLLL:20170114132533g:plain←威嚇が解禁されたら普通に強い。

 

f:id:erupokeLLL:20170114132735g:plain←毒守ドランとかグライオンに強そう。

 

f:id:erupokeLLL:20170114132916g:plain←タイプが強すぎるから生き残りそう。

 

f:id:erupokeLLL:20170114133028g:plain←オーロラベールという唯一無二の強さがあるから消えることはない。

 

f:id:erupokeLLL:20170104182542g:plain←個人的に強いと思ってる。

f:id:erupokeLLL:20170114133558g:plainヒードランに毒打ちたそう。

f:id:erupokeLLL:20170114134336g:plainラティアスと出会いたい。

 

f:id:erupokeLLL:20170114132501g:plain←明確な役割があれば強い。

f:id:erupokeLLL:20170114133340g:plainカイリューの神速で死にそうな顔。

f:id:erupokeLLL:20170114133737g:plain←技範囲が・・・

f:id:erupokeLLL:20170114134722g:plain←チート技により未来が保障されてる。

f:id:erupokeLLL:20170114134931g:plain←普通に強い。使ったことないけど。

f:id:erupokeLLL:20170114135057g:plainヒードランと結婚。

f:id:erupokeLLL:20170114135244g:plain←マジで強い。

 

以上。S1もあと3日。頑張ります。

 

 

【単体考察】クワガノン@ゴツゴツメット【ゴツメ クワガノン】

 

特殊ルカリオと組ませるポケモンがいなかったため考えたポケモン。ゴツメ枠。

地面の一貫を切れて相性補完はまぁまぁ。

 

f:id:erupokeLLL:20170104182542g:plain

クワガノンゴツゴツメット

図太い    浮遊

184(252)-×-156(252)-165-96(4)-63

・10万ボルト

・目覚めるパワー(氷)

・どくどく

・はねやすめ

 

H-ぶっぱ

B-ぶっぱ

D-余り

 

【使用感】明らかに数値が足りていない。その為削りが主。ルカリオの真空破圏内に無理やり押し込む。しかしながら無振りでもcが165あるので相手も悠長なことはできない。

 

【主な仮想敵】

メガボーマンダ→意地+1捨て身が乱数50%1発なので後出しはほぼできない。物理型であれば対面から勝てる。しかしマンダにあと投げ出来ないのは辛すぎる。

 

・メガハッサム→ 10万のダメージが相手の羽根休めでぎりぎり回復が追いつくくらい。したがって麻痺か急所を引かないと勝てない。試行回数は稼げるから一方的に起点にはならない。

 

・メガギャラドス→後出し可能。怯まなければ勝てる。メガを強要させることでルカリオの真空破が通りやすくなる。ギャラドスには結構安定するイメージ。

 

メガルカリオ→物理型なら勝てる。

 

・マッシブーン→挑発とか毒毒持ってたら勝てない。ルカリオのラスターカノン圏内に入れればOK。

 

・ミミッキュ→化けの皮はがすので精一杯。剣舞なければ余裕。

 

ガブリアス→比較的安定して勝てる。そもそもルカリオにも一貫するわざが炎の牙くらい。

 

マンムー→まぁまぁ安定する。毒毒持ちはやっかいだが、岩石封じとかだと2耐えする。

 

【技考察】

10万ボルト→安定。放電では火力不足

めざ氷→ガブマンダの処理速度を上げる。

毒毒→有利対面で打つ。

羽根休め→必須

(鉄壁)→削りを優先したため採用しなかった。

(マッドショット)→ほしい場面が多いが技スペがない。

 

毒を抜いてマッドショットにすればジバコガラガラへの削りになるが、ポリ2が辛くなる。そもそもポリ2ジバコはルカリオの役割対象ではあるが、毒は汎用性が高い、羽根休めとの相性が良い、との理由で抜けない。

 

【総括】特殊ルカリオがきついところはまぁまぁ見れる。遅いサンダーみたいな感じで使える。

たぶんサンダーの劣化。             

 

 

 

 

oras固定シンボル色厳選の軌跡1【ヒードラン・スイクン】

 

今回からorasの固定シンボル(といっても輪っかですが・・)の色厳選の記録をつけたいと思います。

 

ご存じのとおり、ポケモンSMでは王冠システムにより個体値を理想にすることが可能になりました。orasではできなかった芸当です。

これにより準伝説の色厳選が実質可能になったといえます。

6世代までであれば色違いの準伝説、かつ高個体値を粘る行為はほぼマゾ・修行僧でないとできませんでしたからね・・(やってた人すいません)

 

ということでバンク解禁後に備えて色違いを粘ろう!と思い作業を開始しました。

 

【記録を残す理由】

私が固定リセットを始めるにあたり、色厳選をされている方のブログを探しまくりました。しかし、意外と記録を残している人が少ない!

もちろん記録を見たところで色違いが出やすくなるわけではないです。しかし、国際孵化やボルト厳選をしたことがある人ならわかると思いますが、他人の記録を見ることで心の支えになるんですね。あー大体これくらいリセットするのかと。

そこで私も記録を残し、これからorasで色厳選をされる方の参考になればと思い書いています。

 

【予備知識】orasでの色違いの確率1/4096

                     光るお守り所持で3/4096。単純計算で1/1365。

      これからの記録は光るお守り所持の記録となります。

 

【厳選記録】

 

1匹目/ヒードラン     f:id:erupokeLLL:20170102215825g:plain

 

個人的に好きなポケモン、かつかなり好きな色違いで、目の色が特徴的ですね。

1匹目/267回  シンクロ×

2匹目/323回  シンクロ×

3匹目/ 54回         シンクロ○(穏やか)aの個体値がV ←採用

 

完全に運だけマン。ここで色厳選の洗礼を浴びなかったため、次のスイクンで泣くはめになります。aの個体値がVで若干甘えですが、ヒードランは岩石封じ採用の余地もあるので一概に悪いとも言えません。

 

2匹目/スイクン   f:id:erupokeLLL:20170102220707g:plain

 

美しい。としか言えない。大好きなポケモンです。零度スイクンを持っていなかったので色違いは憧れです。モチベーションが上がる。図太いの理想個体は所持しているので穏やかで厳選開始。

 

1匹目/1483回  シンクロ×

2匹目/1145回  シンクロ×

3匹目/1006回  シンクロ○(穏やか)aの個体値がV←採用

 

ヒードランがポンポン出てくるので甘く見ていたら軽々1000を超えて涙目。それでも確率から言えばおまもりはしっかり仕事してるんですけどね・・。

1000を超えてシンクロが効かない絶望感は異常。しかしその分愛着もわきます。

スイクンに関してはaがVなのは完全に妥協。しかしもうメンタルが崩壊しそうだったため採用。(クレッフィとかもう息できない環境だから・・)

 

 

 

今回はここまでとなります。次はランドロスを狙います。

 

 

 

【ポケモンSM-S1序中盤使用】テテフーディン+ADガブリアス。2000に乗れない弱さ【最高R1996】

 

 

2000に乗れなかった為、供養の意を込めて。また、これからテテフーディンを開拓しようとしている方の為に。1900~1950をずっとうろちょろ。

 

【組み始めた理由】

キュウコン展開、コケコ、UBがとても多い環境であったため、展開阻止からリズムを作れる挑発持ちメガフーディンに注目。

また、強特性をトレースすることで全抜きや崩し性能も高いのではないかとの期待があった。

そこでフーディンの相棒としてサイコフィールドを展開できるカプ・テテフを採用し、ちらほら噂となっていた「テテフーディン」という並びを使用することにした。

pt

f:id:erupokeLLL:20161226115847g:plain     f:id:erupokeLLL:20161225220440g:plain      f:id:erupokeLLL:20161225224924g:plain 

    f:id:erupokeLLL:20161225220337g:plain          f:id:erupokeLLL:20161225230531g:plain      f:id:erupokeLLL:20161225231326g:plain

 

 【個体紹介】

f:id:erupokeLLL:20161225212353g:plain

 

フーディン@フーディナイト

臆病 マジックガード→トレース

159(228)-×-90(36)-209(108)-127(12)-204(124)

S:準速フェローチェ抜き

サイコキネシス

・気合い玉

・目覚めるパワー(炎)

・挑発

 

【耐久目安】

H=16n-1

HB=A200ガブリアス逆鱗 回数: 乱数1発 (68.8%) 

    A200ガブリアス地震 回数: 確定2発←意地スカガブの地震確定耐え

  A156ミミッキュのシャドークロー 回数: 乱数1発 (12.5%)

  A216メガボーマンダ-1捨て身タックル 回数: 確定2発←対面から威嚇トレースで竜舞と挑発の択に勝てば倒せる。

HD=C194サザンドラの悪の波動 回数: 乱数1発 (12.5%)

  C125(無振り)ポリゴン2のシャドーボール 回数: 確定3発

  C133Rキュウコンの吹雪 霰ダメージ込で32.85%で2発。←大体2発耐える。

 

 

7世代からメガシンカターンのS上昇、Dの種族値10上昇と強化されたポケモン。D10アップの恩恵が大きく、Hに振ることで特殊方面は弱点を突かれても大体1発耐える。

技は安定のサイコキネシス。相性補完に優れる気合い玉と目覚めるパワー炎を採用。めざ炎はほとんど読まれず、何度もハッサムを焼き殺すことができた。

また、リスキーではあるがサイコフィールドがあればメガハッサムの剣の舞読みで後出しし、テクニシャントレースからのめざ炎で処理なんて動きもできる。

挑発もあまり読まれず展開構築やオニゴーリに刺さった。

ビーストブーストやポリゴン2のDLのトレースから全抜きを狙うルートもあり、選出段階から多くの勝ち筋を見いだせるポケモンだと思います。

 

f:id:erupokeLLL:20161225220440g:plain

カプ・テテフ@こだわりメガネ

控えめ サイコフィールド

175(236)-×-94(36)-198(236)-135-115

サイコキネシス

ムーンフォース

きあいだま

シャドーボール

 

フィールドによるフーディンのサポートは二の次のただの脳死ぶっぱマン。

後述のポリゴン2のトリックルームから全抜きを狙う。

選出段階からサイキネかムンフォどちらを通すか決めるだけのポケモンなので、下の2つの技をうったことがほぼない。気合い玉の枠は最初10万ボルトだったが一度だけ相手の残りがポリ2ジバコで、気合い玉がなく後悔したので申し訳程度に入れた。しかし200戦ほど回して下二つを打ったのは1回くらいだったので、増えたハピナス意識でショックを入れたほうが良い。

気合い玉とシャドボを打つ展開は負け。

 

f:id:erupokeLLL:20161225220337g:plain

カプ・レヒレ@残飯

図太い ミストメイカー

177(252)-×-177(204)-122(52)-150-105

 

H:16n+1

HB:A216メガボーマンダ+1捨て身タックル確定耐え

なみのり

ムーンフォース

・瞑想

・挑発

 

前評判はあまり高くなかったと思われるポケモン。使用した感想としては思っていたよりも全然強かった。

流行していたメガギャラドスパルシェンに圧倒的に強く、役割破壊の毒づきで毒にならない、どくどく無効、雨パ牽制etc・・あげればキリがないほど強みがあった。

まだまだ考察が進んでないポケモンですが、バシャーモが増えるであろうS2以降も調整し甲斐がありそうですね。

 

f:id:erupokeLLL:20161225224924g:plain

ギルガルド@気合いの襷

控えめ バトルスイッチ

135-×-170-112(252)-172(12)-111(244)

シャドーボール

・ラスターカノン

・目覚めるパワー(氷)

みちづれ

 

脳死枠その2。環境にキングシールド持ちのギルガルドが非常に多かったため刺さると思ったポケモン。予感は的中し、脳死でシャドボ打ちまくって相手のptを半壊させていた。ブレードフォルムを晒したこいつの前で舞って死んでいったガブ、マンダ、ミミッキュは数知れず・・。

打ち勝てないチョッキジバコ、ポリ2、チョッキカグヤなんかを無理やり持っていく道連れもほぼ読まれることはなかった。

また、ptに物理がガブリアスしかいないので、こいつが剣舞ガルドに見えているのも強みだったかと。

最初この枠はハッサムだったがこいつにした途端にレートがグイグイ上がっていったのでたぶん強かった。

 

f:id:erupokeLLL:20161225230531g:plain

ポリゴン2@しんかのきせき

穏やか ダウンロード

191(244)-×-130(156)-134(68)-132(36)-81(4)

・冷凍ビーム

シャドーボール

・どくどく

トリックルーム

 

すごく弱かったです(小並)

トリルしたターンに自害してほしかった。でも耐えるとこは耐えてほしくて確かミミッキュの+2じゃれつく2耐えまで振った。結果色々中途半端になった。

ただ見せポケとしては非常に優秀で、こいつがいるだけで何故か全く刺さってないマッシブーンなんかが出てくるので選出画面では仕事してました。

トリルだけする人。

 

f:id:erupokeLLL:20161225231326g:plain

ガブリアス@ドラゴンZ

意地っ張り 鮫肌

195(92)-199(244)-116(4)-×-125(156)-124(12)

・逆鱗(アルティメットドラゴンバーン)

地震

・炎の牙

・剣の舞

 電気無効枠。ここまでで重いRベトベトンを安定して処理できる。

この構築は弱かったけど、こいつだけは胸を張って紹介できるほど強かった。

現環境のガブリアスの考察として、崩し性能を持たないガブリアスは厳しいと感じていた。でないとコケコカグヤ、マンダジバコ+ポリ2のようなサイクルに手も足も出ない。

そこで最初は崩し性能の高いAD鉢巻ガブを使っていたがポリ2が逆鱗2発で落ちないorこだわってるデメリットが大きい。

そこでADガブからインスパイアしたADZガブが産まれた()

意地っ張りの理由はHB特化ポリ2への+2Z技が陽気だと乱数25%、意地だと75%になるから。

そしてここまでHDに振るとポリ2対面でも舞うことができる。

副産物として

C200 カプ・テテフ ムーンフォース 乱数1発 (18.8%)

C145 メガボーマンダ  流星群 乱数1発 (18.8%)

まで耐える。

ポリ2でガブを見てるptにはまず負けません。

Sが最速カグヤと同速なのでもう8振りたいが、Aを1削るとポリ2への乱数がズレるし、Dを1削ると↑二つの乱数がズレるのでそこは悩みどころ。

 

この構築は解散しますが、こいつだけはまだ使うと思います。結構おすすめです。

 

【総括】レート1900までは勝率7割5分くらいあったと思います。しかし突如ノーマークだったガルーラが急増し処理ルートがない。ミミッキュが辛すぎる。などが重なり2000はいけませんでした。

また、フーディンとテテフの役割集中で同時選出できずシナジーがなかったのも欠陥でした。(うまく使いこなせなかった)

これからテテフーディンを使おうと思っている方、頑張ってください。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

はじめまして。

初めまして。TNエルという名前でポケモンSMをプレイしています。

ツイ垢  エル@oras色厳選 (@eru_poke) | Twitter

 

この度ポケモンブログを開設することにしました。

初めに軽く自己紹介を。

 

ポケモン自体は赤緑~SMまでプレイしております。

ポケモン対戦を始めたのは(ガチ勢になった)BWからで、5世代はかなりやり込んでいました。

しかしxy~oras中期までは一度もレートには潜っておらず(ストーリーだけ)ほぼ引退状態。ひょんなことからS14でガチ勢復帰。今に至ります。

嫁ポケはメガミミロップです。

 

 

 

ブログ開設の動機は半分自己満足、もう半分は自分が考えたポケモンの紹介や軌跡残し、また、ポケモンを通じて色々な方と触れ合えればとの願いです。

拙いブログになると思いますが暇な時にでも覗いて頂ければ幸いです。